LOADING...

腹腔鏡手術

腹腔鏡手術とは?

お腹に1~4箇所の小さな切開(3~30mm)をおいて、腹腔内の画像をテレビモニターで観察しながら、専用の手術器具を使って、さまざまな操作(切開、切除、吸引、焼灼、止血、縫合など)を行う内視鏡手術のうちの一つで、最も実施頻度が高い手術です。
当院では基本的に手術の切開を1箇所・2箇所だけで行う単孔式・二孔式手術を中心に、腹腔鏡手術を行っております。
(疾患や手術状況により追加傷孔が必要になる場合があります。)

腹腔鏡手術のメリット

従来の開腹手術に比べて、以下のメリットがあると言われています。

  • キズが小さく、手術後の痛みが少ないため身体への負担が少ない。
  • 入院期間が短く、腹腔内がくっつく(癒着する)可能性が低い。
  • 開腹手術に比べ、退院後の社会復帰も早い。
  • 傷跡が開腹手術に比べ小さいため、目立たない。

上記理由から「からだに優しい手術」として、広く世界に波及しました。

単孔式腹腔鏡手術とは

基本的に一つの切開(孔)によって完遂する腹腔鏡手術のことです。単孔式の切開(孔)は2~ 3cm程度です。(従来の開腹手術は5~30cm程度です。)一般的な腹腔鏡手術よりも傷跡が一つなので、より小さくなります。

※患者様の疾患の状況によって、若しくは手術時に安全性を重視するため、二孔式以上の多孔式に変更する場合があります。詳しくは主治医にご相談ください。

日本産科婦人科内視鏡学会 技術認定医による手術です。

※麻酔管理は日本麻酔科学会専門医が担当します。

腹腔鏡手術の特長

  1. キズが小さい単孔式腹腔鏡手術を行っています

    このように来院時に下腹部を占拠するような大きさの子宮筋腫も、治療開始後に単孔式手術で対応できる場合があります。お気軽にご相談ください。
    ※疾患の状況に応じ、変更することもあります。

    単孔式(切開創 例)

    全腹腔鏡下子宮摘出術 症例
    術後4週間後に撮影。術後創部の状態には個人差があります。

    二孔式(切開創 例)

    腹腔鏡下子宮筋腫核出術 症例
    術後約3ヶ月後に撮影。術後創部の状態には個人差があります。
    5mmトロッカーのへそでは無い部分(左記イラストの右下の箇所)におきましては、症例によって創(キズ)の大きさが多少異なります。

  2. 最短一ヵ月で手術が可能です

    患者様をお待たせすることなく、初診から最短1ヵ月以内に手術可能です。(※2018年3月時点)
    少しでも早い治療を要する方(特に不妊症関連の方にも)に重要です。
    帝王切開既往や開腹手術歴の有無や回数は問いません。診察で可否を判断し、患者様と調整いたします。
    お子様連れでの入院も可能です。

  3. 最新の医療設備を完備し、チーム医療で対応いたします。

    大学病院並みの設備を完備し、複数の医師で対応いたします。

  4. 総合病院での同一腹腔鏡手術に比べ、概ね費用が安いです。

    病院と診療所では入院基本料が異なります。
    診療所である当クリニックで手術を受けられた場合、同手術を病院で受けられた場合と比べ入院費用が低く、患者様のご負担も軽減されることが多いです。

手術の特色

疾病の状況や患者様に配慮し、最適な方法で手術を行います。

料金

当院で行う腹腔鏡手術のほとんどが保険診療となっております。
保険証をご持参ください。

実績

【症例数実績】総計836件(2018年10月末まで)
内、【単孔式】での症例数665件

担当医からのメッセージ

腹腔鏡手術の第一人者である高橋秀憲医師よりメッセージをお送ります。

Q&A

腹腔鏡手術に関する疑問はこちらをご覧ください。

予約方法

【腹腔鏡外来】毎週月曜、火曜、木曜、金曜
診療予約につきましては事前に受付にお問い合わせくださいませ。
必要に応じ月曜、火曜、木曜、金曜以外も予約枠の調整を行います。
疾患によって日程調整が必要となります。詳しくは受診の際に医師にご相談ください。